園長あいさつ

園長 南部 一朗

子どもたちに人気の「工事屋さんごっこ」。ヘルメットをかぶり、スコップを持って工事屋さんになった子どもたちは、園庭で穴を掘ったりしてあそびをたのしんでいましたが、ふと見つけた園庭の隅に埋まった大きな石。「この石は、どのぐらい大きいんだろう?」、「この石を掘ったらどうなるんだろう?」、「この下には何があるんだろう?」子どもたちは、様々な思いを持ちながら、大きな石を掘り始めました。しかし、思った以上に大きな石。なかなか全体の姿を見せません。それでもがんばる子どもたち。ようやく姿を見せました。「この石を運ぼう!」、「どうやって?」と、子どもたちの思いはつながっていきます。この時の顔は、まさに真剣そのもの。そして、石を掘り起こし、そりに載せて運び、きれいに洗った子どもたちは、すてきな笑顔になっていました。
今年度から北光幼稚園は、学年別のクラス編制にいたしました。このあそびで見られたように、それぞれの学年で、たっぷりとかかわり、たっぷりとあそび、仲間をつくり、共に成長していくことを願っています。
また、北光幼稚園では、同年齢だけではなく、異年齢でのかかわりも大切にしていきます。年長児たちは年少児のお手本としてがんばることはもちろん、年少の子たちも憧れをもち、そしてお手本を見ながら、見通しをもった生活をしていきます。
私は、子育てにおいて「共に育つ~共育」ということが大切だと考えています。
幼稚園において、そして家庭において子どもは育っていきますが、同時に親も一緒に育っていくのだと思います。お子さんが仲間や先生と関わることを大切にして、北光幼稚園が共に育つ「チーム」になっていくことを願っています。
私も子どもたち、そして保護者の皆様から多くのことを学んでいきたいと思っております。どうぞ、よろしくお願いいたします。

あそぶ時間を大切に

あそぶ時間を大切に

子どもたちはあそぶことによって、自分で考え、自分で判断し、自分で行動する「生きる力」を育ててきました。けれども、現代の子どもたちはそういう意味でのあそびをする機会が少なくなってしまい、生きる力も弱くなっています。
子どもが自由にあそぶ時間を充分に確保して、子どもたちの生きる力をつける保育を行っています。

大きな家族のように

大きな家族のように

まるで大きな家族のようです。クラスはありますが、決してその枠にこだわりません。
幼稚園のスタッフ全員が、すべての子どもたちの保育に携わり、たがいに連携しながら保育を行っています。
そのことによって、子どもの姿や個性を多面的に捉えることができ、より適切な指導と援助を行えるのです。

歩くことを大切に

歩くことを大切に

園バスを利用される方にもバス停まで少しでも歩いていただくようにしております。
歩くことが子どもの自立心を育てるからです。 四季折々の自然を親子で共感できるのも、この時期にしか味わえない貴重な体験です。
また、徒歩通園の方には、送迎時に幼稚園や一日のお子様の様子をお伝えできるのも、とても意味深いものです。

お弁当は心の手紙

お弁当は心の手紙

子どもたちにとって楽しくても、家庭から離れる園での生活はなかなかハードなものです。手作りのお弁当は、その子どもたちの心と体の栄養です。お弁当を味わいながらお家の方の心を感じて、元気を回復するのです。そのためにも手作りのお弁当を大事に考えています。
ただし、お弁当を準備できないような時には、幼稚園で斡旋する支援弁当もご利用いただけます。
また、毎週月曜日にはおむすびのみを持参していただき、素材を大事にしたおみそ汁をみんなで楽しむ“おむすびランチ”を行い、食に対する関心を高めています。

どんなお弁当たべてるの?

  • お弁当01
  • お弁当02
  • お弁当03
  • お弁当04

子どもたちにとって楽しくても、家庭から離れる園での生活はなかなかハードなものです。手作りのお弁当は、そんな子どもたちの心と体の栄養です。お弁当を味わいながらお家の方の心を感じて、元気を回復するのです。
そのためにも手作りのお弁当を大事に考えています。「キャラ弁」を作る必要はありません。大切なのは見た目のかわいさではなくて中身です。
シンプルでも、お母さんたちの愛情と栄養が詰まっているお弁当が最高です♪
お弁当を準備できないような時には、幼稚園で斡旋する支援弁当※1もご利用いただけます。
また、毎週月曜日にはおむすびのみを持参していただき、素材を大事にしたおみそ汁をみんなで楽しむ“おむすびランチ”を行い、食に対する関心を高めています。

「おかずや花」さんの体にやさしいお弁当を1食ごとにご利用頂けます。
(なお、2021年度より、週に1回給食の実施を予定しております。)

すべては一人ひとりの子どものために

すべては一人ひとりの子どものために

以上、北光幼稚園の保育の特徴を述べてきました。これらのことを一言でまとめると、「一人ひとりの子どものために」と言えるでしょう。
その子どもの今を受け止め、その子のために最善を考えていく、それが北光幼稚園の保育方針なのです。

年間行事予定

毎月
  • 【誕生会】
8月
  • 【個人懇談】
9月
  • 【個人懇談】
10月
  • 【収穫感謝礼拝】
  • 【全体懇談会(保育説明会)】
11月
  • 【開園記念礼拝】
  • 【懇談会】
12月
  • 【クリスマス礼拝】
  • 【クリスマス祝会】
1月
  • 【始業日】
  • 【個人懇談】
2月
  • 【懇談会】
  • 【入園説明会・一日入園】
  • 【北光フェスタ】
3月
  • 【イースター礼拝】
  • 【卒園式】
年間行事予定表

幼稚園のあゆみ
《創立1919年》

  • 初代牧師 田中兎毛

  • 1913年 献堂式

  • 1921年 卒業式

  • 1923年 卒業式

  • 北光幼稚園玄関前

  • 1967年 北光幼稚園全景

  • 1967年 最後の卒業式を終えて

  • 1967年 旧会堂最後の卒業式