Our thoughts私たちの想い

ごあいさつGreetings

  • 子どもたちの興味や関心は、日常のあそびの中から育まれていきます。
    幼稚園の中で繰り広げられる「おままごと」や「おみせやさんごっこ」。
    園庭では熱心に「化石(のような石)」を集める「発掘ごっこ」やダイナミックに砂や土を掘る「工事ごっこ」が繰り広げられます。
    子どもたちのあそびの可能性は無限です。
    もちろん、あそびがそのまま将来の職業に結び付くわけではありませんが、子どもの時代に「面白いな!」と思える体験をすることは、とても大切なことです。
    そして、北光幼稚園では、よりたのしくあそべるように、子どもたちと一緒に考えたいと思っています。
  • 学校法人キリスト教北光学園 北光幼稚園 園長 南部 一朗
    学校法人キリスト教北光学園北光幼稚園
    園長南部 一朗

教育目標Educational goals

  • キリスト教保育
    自他ともにかけがえのない存在であることを体感できるよう、キリスト教保育によって土台を育みます。日々の礼拝を大切にし、神と人とに愛されている安心感の中で、個性豊かに成長していくことを目指します。
  • あそびを通して表現力と思いやりを育む
    自然豊かな環境を生かし、あそびを中心にした保育を行います。仲間や保育者とともに、自分から環境と関わる中で、感情を豊かに表現できるように、また共感することを通し思いやりを育むことを目指します。
  • 自立した人格を形成
    自立した人格を形成するため、様々な場面で自ら考え選択していく人として成長できることを目指します。また異年齢交流を通して、年上の子が意欲や思いやりを持ち、年下の子が年上への憧れや見通しを持つことにより、仲間を意識し、相互に関わり合い、そして共に育つ姿を目指します。

保育への取り組みChildcare try

  • キリスト教の信仰に基づいた保育

    日々の礼拝を大切にし、自他ともに「かけがえのない存在」であることを体感できるよう、キリスト教保育によって土台を育みます。

  • 札幌北光教会との連携

    北光幼稚園は1919年(大正7年)に創立された、札幌市において最も歴史と伝統のある幼稚園です。創設以来キリスト教精神に基づく保育を行ってきました。

  • チームでの連携保育

    すべての子どもたちの様子を日々共有し、互いに連携しながら保育を行います。

  • 少人数でのあたたかな保育

    子どもたちの豊かな個性や日々の成長に向き合えるように、少人数であたたかな保育を目指しています。